逢魔時堂

逢魔時(おうまがとき)は昼と夜が移り変わる時刻。人の目が宵闇の暗さに順応する前の状態にある時間帯のことを言うのだそうだ。闇に慣れると人の目は宵闇の暗さに慣れ、暗闇の中でも物の形が区別できるようになる。それは、人の心の闇もまた。

お知らせ

いつもいつもご覧いただき、ありがとうございます。 ただいま仕事のスケジュールが立て込んでおり、執筆が滞ってしまっています。 もうしばらくしたら執筆再開しますので、今しばらくお待ち頂ますようお願いいたします。

12.白黒.7

るり子姉さんの「さりげない」聞き込みによると、ハセガワの誘拐犯は件のチワワおばさんの甥っ子のようだ。 恐らくは首輪こそ着けてはいたが楽しげに散歩している人懐っこい猫を撫でているうちに、病気で泣いてばかりいるお姉ちゃんに見せてやりたいという子…

12.白黒.6

各グループ各々、綿密な計画や役割などもあらかた決まり、 夜食のパスタを食べているときにるり子姉さんが現れた。 「差し入れよ」 そう言ってまだホカホカと温かく湯気を出すたい焼きをどかんとテーブルに載せた。 「パスタ、私の分も残ってる?」 「はぁー…

12.白黒.5

もう一方のハセガワの行方。こちらは京念、ひなこ、そして私の担当。 ひなこも情報を仕入れてきていた。実は近郊の小学校で飼育されていたウサギの耳に、 同じような矢が刺さっていたという事件がまた起こったということである。 こちらの方はほんの少し耳が…

12.白黒.4

「ったく……嫌な時代だわ」 「ほんとにねぇ」 「あ、そういえば表通りのね……」 二人の会話が値上げの激しい野菜の話に移ったのを機に、私はさり気なくその場から離れた。 子猫に刺さっていた吹き矢は私のバッグに入れてある。 そして今聞いたヤブのウマイ先生…

12.白黒.3

「失礼ですけど……」 私はその人に声を掛けた。 「その猫ちゃん、産まれたときからずっといるわけじゃないんですよね?」 突然会話に割り込んだ私に二人のおばさんはいささか驚いたようだったが、 何度か待合室で見かける顔でもあり笑顔で 「そうなのよ。その…

12.白黒.2

へなへなと椅子に座り込んだのは、 私たちはもちろん、残った京念とボスも同様だった。 「それにしても……子どものイタズラにしては質が悪い」 ボスが吐き出すように呟き、 「同感です。絶対に許さない」 と、いつも笑顔を絶やさないふたばが氷のように冷たい…

12.白黒.1

早咲きの水仙を摘みに庭に出ていたふたばが、 真一文字に口元を結んで事務所へ走って帰ってきてはタオルをかき集め、 私とひなこに 「柔らかなタオルをなるべくたくさん! ケガしてる猫を運びます!」 と一言告げるとまた飛び出していった。その後を最所と京…

11.鬼も内.13

「ちょっとやりすぎたかな」と首をすくめながら店内に戻り、 私たちは皆の年の数の豆を分配した。 もちろん猫たちにもきな粉にしてキャットフードに振りかけたし、 差し出された豆の多さにうんざり顔のボスには砂糖を絡めたお菓子にした。 薄い桜色に染まっ…

11.鬼も内.12

さて節分の夜。 習わし通り柊の枝に鰯の頭を刺し、炒り豆を用意した私たちだったが、 いよいよ豆まきを始めようとしたときにひなこがぽつりと呟いた。 「追われた鬼さん、どうなるんでしょうか? 外は雪が残ってるし……寒くないでしょうかね……」 「鬼パンツし…

11.鬼も内.11

「この作品の銘はご存知ですか?」 私のその言葉に彼女は意外そうな顔をした。 「銘……?」 「銘なんてあったの? こんな名もない人のものに?」 「奥様のお父上はきっとたくさんの……色々な想い。 それは焦りだったり口惜しさだったり妬みだったり――そんな人…

11.鬼も内.10

「だから私は厄介者。きっと実家でも厄介者だったのね、私。 だから私だったのね。妹もいたのに……」 「私の一日はもっと忙しくなった。子守も増えたから。毎日毎日馬車馬みたいに働いて。 でも私も年頃になって内藤へ嫁に行った――いえ、行かされた。 伯父は…

11.鬼も内.9

「父は窯元の次男坊でした。あなた、ご存知でしょう? ああいう世界では一子相伝――長男が名跡を継ぎます。 たとえ長男より才能があっても次男や三男がその名を継承することはありません。 父はずっと冷や飯食いだった。 でも私は父の作るものが好きだった。 …

11.鬼も内.8

「いいお茶碗でしょう?」 私はそう言って微笑んだ。 「私、大好きなんですよ。 大らかで優しくて……大地のようにゆったりしていて」 夫人の目からまた新たな涙がこぼれ始め、戸惑った。 しかも今度の涙は前とは違う。 大きく目を見開いたまま大粒の涙がほろ…

11.鬼も内.7

私は一瞬目を閉じた。私をかばってのボスの作り話は母を幼いころに亡くし、父とも小学生の時に死に別れている私にとってこみ上げるものがあったのだ。 危うく涙が出そうになったのだが、それより前に号泣したのは前に座っていた五分刈婦人だった。 唖然とし…

11.鬼も内.6

ふんぞり返っていた内藤夫人が座り直した。 「昨日は留守にしとりまして申し訳ないことでした。 私が逢摩堂の主――今は楽隠居のじじいですわい」 「あら……」 夫人は曖昧に答え、ボスをジロジロ見た。 そしてその後もう一度私をジロジロ見た。 その目には下品…

11.鬼も内.5

「思い出の仕入れになるかどうかわかりません。 ただ……なにか事情があってなにか言葉にできない想いがあってここにいらしたような気がします」 「そうか――じゃあみいこさんの思い通りにやってみたらいいんじゃないかの」 そしてボスは深く頷き、 「五分刈り…

11.鬼も内.4

たしかその娘がアンティーク好きで、店のシンボルにもなっている螺鈿細工が施してあるグランドピアノにいたく執着し、 金はいくらでも出すから譲って欲しいと言ったはずで、非売品なので――と断ったことがあった。 娘の方はぷりぷり怒り、また「ぱぱぁ~」と…

11.鬼も内.3

「まあ、そうでございましたか。ようこそお越しくださいました」 とりあえずへりくだってみる。するとその客はほんの少し態度が和らいだようだ。 「覚えておきなさい。それで奥さんは? 内藤の家内が来たと言いなさい。 まったく、気が利かないわね。あなた…

11.鬼も内.2

私が「あの……」と声を掛けたのと客が振り向いたのはほとんど同時だった。 咄嗟に私は笑顔を作り、 「お気に召していただけましたか?」 と続けた。ほっとしたことに客は茶碗を一旦棚に戻し、私を上から下へ、下から上へとじろじろと見た。 どうも今度は私の…

11.鬼も内.1

ドアベルがカランと鳴った。ちょうど事務所で書き物をしていた私は顔を上げ、ふたばに目配せする。 身軽に立ち上がり店に向かったふたばに続いてひなこもお茶の支度を始めた。 間もなくふたばが事務所へ戻ってきた。珍しく困惑の表情を浮かべている。 「みい…

10.神かくし.8

三つの茶碗を咲良さんが見守れるように配置していると、 ひなことふたば、それに最所と京念がよいしょよいしょ、と掛け声も賑やかにボスの机と椅子を咲良さんの部屋に運び入れてきた。 「さあ、配置換えですよぉ! 一番怪しい人は部署替えです!」 「まあ仕…

10.神かくし.7

みんなを送り出す頃はすっかり夜になっており、塀のむこうでは二次会が開催されることになったらしく、賑やかに声を掛け合っている。 マスターが去り際にウインクしながら 「表通りの面々が来るのは店始まって以来だよ」 と笑った。 佐月さんは私の手を握り…

10.神かくし.6

その様子を見つめていた私は思いきって咲良さんの部屋に行った。 ドアの前で小さく声をかける。 「失礼します。見てほしいものがあるの。あなたは見るべきだと思うの。 私は何も事情は知らない。 でも、何かがあってみんな傷付いて、打ちのめされて――。 でも…

10.神かくし.5

驚いたのは私たちだった。今まで何があっても裏へは行かないボスだったのだ。 それは多分咲良さんとの思い出がありすぎて辛すぎるのだろうと諒解していたからで、戸惑う私たちに「前の通りは頼むよ」と声を掛け、 棚の扉をするりと開けて出ていった姿を見送…

10.神かくし.4

とりあえず、心配のあまり身も細る思いをしている黒猫家には知らせなくてはならない。 これだけではハセガワの安否は定かではないが行方がわからなくなってから初めての情報であるし、また文面からはなんとなく凶悪さは感じられない。 首輪も綺麗なままだ。 …

10.神かくし.3

さて、ハセガワがいなくなって三日目の朝。私は咲良さんの部屋のバルコニーへの戸を大きく開けてぼんやりと外を見ていた。 以前だとそこかしこに猫たちが遊んでいた庭も、夜半から降った雪にすっぽり覆われ、一層寂しさを増すようだった。 「え?」 思わず目…

10.神かくし.2

目撃情報はいくつかあった。 表通りの干物屋の前で香箱を組んでいたとか、稲荷神社の境内で思案にふけっていたとか。 しかしその辺りで情報は途絶えているのである。 ハセガワを見知っている目撃者たちはその後逢摩堂へ行くものだと思っていたらしい。 私た…

10.神かくし.1

「今日の昼食は……うーんと、七人分ですね?」 ひなこが事務所の頭数を確認している。 「えーっと、猫さんたちは――五人分かな? あれ? 今日はハセガワさんご欠席ですか?」 「あら、本当だ。今日は実家業務が忙しいのかな?」 毎度のことではあるが事務所は…

9.唐土の鳥.9

こうして見ると、本来閑古鳥が鳴く店へ品物を売りに行く。 あくまで保管が目的で。 後日必要なときに買い戻しに来る。 そのような貸倉庫のような役目を果たすはずだった逢摩堂は正月三が日はとてもではないがその状態ではなく、 仕方なし適当に置いてきた………

9.唐土の鳥.8

じっとその中身を見つめていたボスが目顔で最所と京念に頷く。最所はすぐ携帯を握りしめて店の方へ行き、京念は更科を椅子に座らせた。 そして私たちにいとも陽気に笑いかけた。 「お腹すきませんか? 何か食べるものってありませんか?」 私たちはすぐ厨房…

9.唐土の鳥.7

すなわちこの男の仲間の一人が、ヤバい何かが示されたメモが入っているという古ぼけた指輪を街外れの変な名前の骨董品屋に隠し、 その目印シールも貼り付けたのが「ココ」というわけである。 しかしそれらしい物は「ココ」の人々は誰も目にしてはいない。 「…

9.唐土の鳥.6

古ぼけた指輪をこの店のどこかに隠したというのは本当のことなのだと男は語りだした。 その指輪は宝石の部分がロケットのようになっていて、蓋を開けると小さな写真が収まるようになっているという。 しかしそこに収まっているのは写真ではなく、何かを記し…

9.唐土の鳥.5

五分後、男は事務所の床に座らされていた。 背後の大きな椅子にふんぞり返っているのはボスで、 そのまた背後には最所と京念が冷たい表情を浮かべて立っている。 ひなことふたばは男の真正面の長椅子に足を組んで座っているし、 私はデスクチェアにこれまた…

9.唐土の鳥.4

「エット……ワタシ、サガシテマス」 「エット…オバアサンノカタミ……」 うん、良かった。片言でも日本語はなんとか話せるようだ。 しかしこの話し方、変なリズムがあり、聞き取りにくいことおびただしい。 「オバアサン、ニホンノヒト。 ムカシ、コノミセニユ…

9.唐土の鳥.3

また逢摩堂の主人は自分はコスプレには参加しない、と意地を張っていたがひなことふたばがマフィアの親分風の古着を用意したところ、 すっかり気に入ったようで近頃は葉巻なんぞも咥えて私たちから「ボス!」と呼ばれて楽しんでいたし、 京念と最所も「でき…

9.唐土の鳥.2

鬼太郎会長が説明によると町内には通り猫が十三匹いて、各々がその実家の看板猫になっている。 その店をめぐって買い物をすると、各々その店の猫の「肉球スタンプ」を押してもらえる。 もちろん猫たちの肉球はあらかじめ機嫌のいい時に原型を押してもらって…

9.唐土の鳥.1

表初恋さくら通りコスプレ祭「百喜夜幸」は大当たりだった。 今後は市や県のバックアップもとり、年々その規模を大きくすると会長、副会長の鼻息も荒い。 このネーミングはひなこが甘酒に酔いながらこの字はどうだ?――と提案したその五分後には鬼太郎と目玉…

8.おおつごもりの客.7

ようやく酔いが醒めたらしいふたばは目の前で繰り広げられている妙ちくりんな世界に大喜びで、 写真やら動画の撮影に余念がなく、戻ってきたかと思うと 「わあ、来年は私たちも出ましょうよぉ」 と、かなり本気の声を出していた。 「会長、なんで声を掛けて…

8.おおつごもりの客.6

その後は気を取り直して私たちは一群となって『塀のむこう』へなだれ込み、刑部夫妻心尽くしのパーティーを心ゆくまで楽しんだ。 年明けのカウントダウン、そして新年はシャンパンの抜栓で祝い、 特別に用意してあったお子様用のシャンパンもどきのジュース…

8.おおつごもりの客.5

「すごい日になったわねぇ」 「もう、もう私たちの前途を祝福してるってことよぉ」 「しかも……あれでしょ? もしかしたらあれなんでしょ? この姉さんたち……」 「しっ! だめよ、それは言っちゃいけないのよ!」 「ねぇねぇ、いくらで売れるの、このネタ」 …

8.おおつごもりの客.4

さて、いよいよ大晦日。おおつごもりである。 お店の方は隅々まで綺麗に整えられてはいたが、もう一度私はとことん手を加えて磨き上げた。 年神様をお迎えする心の儀式のようなものだ。 同様にひなことふたばも以前と見違えるくらいきちんと整理整頓されてい…

8.おおつごもりの客.3

「今のお話ではお客様のお探しのお店がうちとは言い難いのですけれど……」 私はにこやかにお茶を勧めた。 「ただ、古物商の常として思い出のお品をその思い出とともにご購入させていただくということでは少し当たっているかもしれません。 ただ、その金額はこ…

8.おおつごもりの客.2

そんな折、カラン――というドアベルの音とともに普段は「なぁーんご」と可愛い声で愛想を振りまいてくれている猫たちがいつもと違う唸り声をあげているのに驚きながら私は慌てて店に出た。 店内をじろじろと見渡していたのは年齢の頃二十歳そこそこといったと…

8.おおつごもりの客.1

その客は暮れも押し迫った夕方に現れた。 師走中旬に改装オープンした逢摩堂の初日はド派手だった。 「表初恋さくら通り商栄会一同」の皆々様がシャッター通りの入り口からどん詰まりの逢摩堂までずらりとクラシカルな花輪を飾り立ており、 朝になって通りの…

7.表初恋さくら通り.6

どうも棈木氏は逢摩堂の主人を良く思っていないのは確かなようだった。 なんでも先代、先々代と金の力でかなり強気な商いをしてきたらしい。 「この通りにしたって……元々はお稲荷さんの裏参道としてそこそこ賑わっておったのに。 強引にあっちにアーケードを…

7.表初恋さくら通り.5

「やっぱり夢じゃなかったんです」 そう言うひなこの次の言葉は私たちをさらに驚かせた。 「私、来てます。昔、この通りに。この通りのこんな夜市に」 「おばあちゃんが連れて来てくれたんです。でも先日この通り歩いた時は、その時と全然違ってたから別の記…

7.表初恋さくら通り.4

猫はいささか不得意とは言うものの、この『塀のむこう』がすっかり気に入った二人は、裏木戸からではなくもう一つのルートも知りたがったので、 帰り道は以前こちらに初めてきたルートを使って帰ろうということになった。 この時間帯にあの寂しい道を通るの…

7.表初恋さくら通り.3

「一体どこの猫なんですか?」 恐る恐る頭を撫でようとした最所に情け容赦なく猫パンチを繰り出した平蔵を見て京念はまたガチガチに固まった。 思わず私も吹き出して、 「塀のむこうの猫さんとその兄弟の黒猫屋さんとこの猫さん。 さあ、あなたたちもそろそ…

7.表初恋さくら通り.2

それからはまた忙しくなった。 おおまかな配置を決め、あとは任せた好きにしなさい――と主人が出て行った後もどこに何を置くか私は店内を歩き回り、 第一倉庫と第二倉庫の中からこの道具類が喜んでくれるような品々を見つけることに没頭し、 時には咲良さんの…