読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逢魔時堂

逢魔時(おうまがとき)は昼と夜が移り変わる時刻。人の目が宵闇の暗さに順応する前の状態にある時間帯のことを言うのだそうだ。闇に慣れると人の目は宵闇の暗さに慣れ、暗闇の中でも物の形が区別できるようになる。それは、人の心の闇もまた。

9.唐土の鳥.6

 古ぼけた指輪をこの店のどこかに隠したというのは本当のことなのだと男は語りだした。
その指輪は宝石の部分がロケットのようになっていて、蓋を開けると小さな写真が収まるようになっているという。
 
 しかしそこに収まっているのは写真ではなく、何かを記したメモが入っているのだという。
そのメモが何なのかは本当に知らないのだと男は言い張った。
 
 しかもその指輪自体しっかり見たことはなく、ただそう説明されただけなのだという。
 
 とりあえず正月に行った田舎の街外れの、変な名前の骨董品屋に隠した。非売品のシールを貼って。
それを探し出してそこで落としたとかなんとか言って返してもらってこい。
場合によってはちょっと脅してもいいから――と。
 
「仲間の一人が、店がごった返してるときにここに確かに置いてきたって言うんす。
忘れもんとしてたぶん保管っていうんすか? 取ってあるだろうし、あんな古ぼけた指輪、誰も欲しがるやつおらんだろうから多分そのままのはずだって。
どうせチェックなんかもしていないだろうって。
で、オレ、お前行ってこいって言われて――必ず取り戻してこいって。
じゃなきゃ新しいラッパーと交代だって言われて――」
 
 なんだ、その程度のことか。
私たちが顔を見合わせたとき最所が厳しい声で言った。
 
「なに寝呆けたこと言ってやがるんだてめぇ! 
チェックもしないって三人の姐さん方に失礼だろうが!」
 
「ごっごめんなさい! ごめんなさい!! 
でもオレ本当によくわかんないんすよ! 
ただそのメモだかに何か大切なことが書かれてるみたいなんす。
なんか、ヤバい取引の場所かなんか……」
 
「オレたち練習する場所、無くて、空き倉庫無断で使ってたことあって……
で、持ち主に見つかったんす。
どっかのヤバい兄さんたちで、リーダーがそん時ボコボコにされて。
でもそん時に何か向こうの頭みたいなやつが――こいつら使おう――とかなんとか言って。
で、その指輪オレらにどっかへ置いてこいって。
で、六日以内にまた持って来いって。
絶対お前らが持ってるんじゃねぇ、どっか人が来ないような店の棚にでも置いとけって。
物を隠すときは物の中に、だって。それが一番だって。他の奴らが、さすが兄貴、とか言ってました」
 
つづく
 
 

本日もご覧いただき、ありがとうございます!

 

 

お帰り前にお手数ですが下のリンクをポチッとしていただくと、 励みになります !


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

また見に来てね~♪

読者登録もお待ちしております!

 

前作「属」はこちらから→「属」第一話 誕生日

 

「逢魔時堂」第一話はこちらから↓

yuzuriha-shiho.hatenablog.jp