読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逢魔時堂

逢魔時(おうまがとき)は昼と夜が移り変わる時刻。人の目が宵闇の暗さに順応する前の状態にある時間帯のことを言うのだそうだ。闇に慣れると人の目は宵闇の暗さに慣れ、暗闇の中でも物の形が区別できるようになる。それは、人の心の闇もまた。

10.神かくし.8

 三つの茶碗を咲良さんが見守れるように配置していると、
ひなことふたば、それに最所と京念がよいしょよいしょ、と掛け声も賑やかにボスの机と椅子を咲良さんの部屋に運び入れてきた。
 
「さあ、配置換えですよぉ! 一番怪しい人は部署替えです!」
 
「まあ仕事もしやすいでしょうし、お二人向き合っていただきましょうかね」
 
 そして私は「参」のシールが貼られた鍵を咲良さんに見せた。
 
「もうこの鍵いりませんね。捨てていいですか?」
 
 すかさずふたばが提案した。
 
「じゃあ『壱』の鍵も『弐』の鍵も捨てていいですか?」
 
「よかったら事務所の鍵も……」
 
 ひなこがそう言って言葉をつないだ。
 
「そして、よかったら私、四つの鍵を溶かして小さなアクセサリーを作りたいんですけど、いいですか? 
前に少しそんなことしてたことあるんです」
 
 ボスは頷き、私たちも賛成した。
 
 こうして事務所、そして倉庫の鍵はひなこの手によって小さな猫の形のペンダントとピンブローチに生まれ変わった。
 
 律儀なひなこは溶かす過程をしっかりと動画に収めてまで来ていて、
「他人行儀な……」とボスから愛し気に頭を叩かれていた。
その様子を見ていたふたばと私はなぜか胸が一杯になってじんわりと涙が浮かんでしまったけれど。
 
 そしてペンダントは私たちが、ピンブローチはボスと佐月さんがそれぞれもらうことになった。
 
 質素な素材から作られているにも関わらず、
それはなんともいえない味があって、
私たちはひなこの才能に驚いたものだった。
 
 こうして忘れがたい、思い出深い日々は過ぎてはいったものの、
セガワの行方は未だようとしてわからない。
 
 そして「いなくなった咲良さん」とその身分を証す茶碗にまつわる話を聞くのはもっともっと後のことになる。
 
 
つづく
 
 

【日帰り温泉・遊び体験予約】旅の発見

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます!

 

 

お帰り前にお手数ですが下のリンクをポチッとしていただくと、 励みになります !


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

また見に来てね~♪

読者登録もお待ちしております!

 

前作「属」はこちらから→「属」第一話 誕生日

 

「逢魔時堂」第一話はこちらから↓

yuzuriha-shiho.hatenablog.jp