読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逢魔時堂

逢魔時(おうまがとき)は昼と夜が移り変わる時刻。人の目が宵闇の暗さに順応する前の状態にある時間帯のことを言うのだそうだ。闇に慣れると人の目は宵闇の暗さに慣れ、暗闇の中でも物の形が区別できるようになる。それは、人の心の闇もまた。

12.白黒.1

 早咲きの水仙を摘みに庭に出ていたふたばが、
真一文字に口元を結んで事務所へ走って帰ってきてはタオルをかき集め、
私とひなこに
 
「柔らかなタオルをなるべくたくさん! ケガしてる猫を運びます!」
 
 と一言告げるとまた飛び出していった。その後を最所と京念が続く。
 
 ひなこはすぐに大鍋にお湯を沸かしはじめ、
私はバスタオルを何枚も重ねてとりあえずのベッドを作った。
 
 程なくして戻ってきたふたばはそっとタオルの上に猫を横たえ、
恐る恐る覗き込んだ私たちは余りのことに言葉を失くした。
 
 タオルの上に横たえられたのはまだ小さな猫である。多分白猫だろう。
多分、と言ったのはほとんど毛色の判別がつかないくらい泥と血に塗れていたせいで、
もっと息を飲んだのは後左足に突き刺さった吹き矢のようなものだった。
 
「誰がこんなこと……」
 
 思わず出た言葉に「動物以下のものがやらかしたことです」と答えたふたばは黙っててきぱきと最低限の処置を施した。
見事な手際である。
 
 初めのうちこそ必死で抵抗していた子猫は、
そのうちその力も無くなったのかぐったりと横たわっている。
 
「とりあえずまた病院へ行きます」
 
 ふたばはそう言い、最所が用意した車にバスタオルごとそっと抱きかかえて乗り込んだ。猫が動くたびに新しい血が流れ出し、またもや弱々しくも必死の抵抗と鳴き声があがっている。
 
「動かないで、お願いだから。必ず助けるから。
ごめん、ごめんね。こんな目に合わせて」
 
 ふたばはそう囁くようにずっと話しかけていた。
その姿を見送り、私たちはまんじりともせず事務所で待機した。
 
 二人が戻ってきたのは二時間以上経ってからで、
 
「とにかく無事に吹き矢は抜けました。毒矢じゃなくてよかったです。
出血がひどかったのでとりあえずしばらく入院することになりました。
命はなんとか取り留めました――明日落ち着いたら諸検査です」
 
 その報告を聞いてどれだけほっとしたことだろうか。
事務所内の張り詰めていた空気が少しだけ和らいだ気がした。
 
 
つづく
 
 

レゴランド・ディスカバリー・センター東京
レゴブロックがいっぱいの屋内型アトラクション
お得な前売り券発売中!

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます!

 

 

お帰り前にお手数ですが下のリンクをポチッとしていただくと、 励みになります !


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

また見に来てね~♪

読者登録もお待ちしております!

 

前作「属」はこちらから→「属」第一話 誕生日

 

「逢魔時堂」第一話はこちらから↓

yuzuriha-shiho.hatenablog.jp