逢魔時堂

逢魔時(おうまがとき)は昼と夜が移り変わる時刻。人の目が宵闇の暗さに順応する前の状態にある時間帯のことを言うのだそうだ。闇に慣れると人の目は宵闇の暗さに慣れ、暗闇の中でも物の形が区別できるようになる。それは、人の心の闇もまた。

お知らせ

いつもいつもご覧いただき、ありがとうございます。

ただいま仕事のスケジュールが立て込んでおり、執筆が滞ってしまっています。

 

もうしばらくしたら執筆再開しますので、今しばらくお待ち頂ますようお願いいたします。

12.白黒.7

 るり子姉さんの「さりげない」聞き込みによると、ハセガワの誘拐犯は件のチワワおばさんの甥っ子のようだ。
恐らくは首輪こそ着けてはいたが楽しげに散歩している人懐っこい猫を撫でているうちに、病気で泣いてばかりいるお姉ちゃんに見せてやりたいという子どもらしい発想だったに違いない。
 
 ところが若干もがいて離れたがった猫はお姉ちゃんを見た途端優しく手を舐め、そして涙を舐めてそっと傍らに寄り添ったらしい。
その後はチワワおばさんの話通りの展開なのだった。
 
 再びうーんと腕組みをした私たちだったが、
猫たちに任せてみようか、とふと思いついた。
 
 猫たちに任せて人間は手助けのみにしようか。
きっと丸く収めてくれるのではないだろうか。
しきりにそんな思いがする。
 
 決して悪意がなかった弟と柔らかな猫の気配りに心を寄せ、心を開いて強くなった姉。
この二人を傷付けず、そして黒猫家に無事ハセガワを帰すこと。
 
そこには人の姿が無い方がいいだろう。
 
 明くる朝、集ってきた猫たちは平蔵を先頭に五、六匹。
そこで私は平蔵に事の仔細を話して聞かせた。
黙って猫たちが尻尾を動かす。
 
「お願い。うまく、丸く収めてくれる?」
 
 頷きこそしなかったが、わかってくれたという妙な自信があった。
その証拠に「行くよ」という声に、京念が用意したワゴン車に次々と猫が飛び乗り、
最終的には通り猫全員が車中にあって私たちは顔を見合わせ微笑んだ。
 
「そうだね、みんなでハセガワを迎えに行こう!」
 
***
 
 町の外れ。るり子姉さんの地図はアバウトだったが、
赤い屋根が特徴的な家はすぐに見つかり、
私たちは離れた空き地に車を停めた。
 
 そして平蔵に「あそこだよ」と教えるより先に猫たちは一斉にその家目がけてまっすぐに走っていく。
その様子をそっと電柱の影で見守っていると、その家の前で猫たちは座り、
全員で優しく鳴き始めた。
 
 しばらくしてドアが開かれ、猫を抱いて杖をついた少女と小さな弟らしき少年が驚いて棒立ちになっている。
 
 猫たちがまた優しく鳴く。
すると少女の腕から猫がするりと地に降り立った。
そして目の前の猫たちに向かって嬉しげに走り寄る。
 
 迎えた猫たちは皆その黒猫――ハセガワに擦り寄り、額を合わせて優しく舐めている。
 
 平蔵とハセガワが姉弟と向き合い、なぁーごと鳴いた。
それを聞いた姉と弟は泣き出し、
しゃがみ込んで猫たちに「ごめんね、ごめんね」と泣きじゃくりながら謝っている。
 
 猫たちは一斉に優しく鳴いた。そして踵を返してこちらに向かって走り出す。
 
 最後尾は平蔵とハセガワだ。もう一度姉弟に向かって優しく一声鳴き、二匹は嬉しげにこちらへ向かってきた。
姉と弟は「ありがとう、さようなら」と手を振っている。
何度も何度も「ありがとう」と叫んでいる。
 
 ハセガワが足を悪くしている?――とんでもない。
今やハセガワは羽が生えたかのようだ。
 
 猫たちは私たちが大きく後ろを開けた車に一目散にジャンプして飛び乗り、
十五匹の猫を乗せて黒猫家へと向かった。
 
 マンションの黒猫家夫妻が住む部屋の窓の下で、そっと再び猫たちのためにドアを開けてやると、
今度は車に乗ったまま賑やかに猫たちは大合唱を始めた。
 
 そこで私たちはハセガワを降ろし、バックミラーでそっと様子を見ていると窓を開けた夫妻の腕の中にハセガワが飛び込んだところだった。
 
 それを見届け、私たちは静かにその場を離れたのだった。
 
 
つづく
 
 
 

防災士厳選の防災グッズ36点セット【ディフェンドフューチャー】

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます!

 

お帰り前にお手数ですが下のリンクをポチッとしていただくと、 励みになります !


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

また見に来てね~♪

読者登録もお待ちしております!

 

前作「属」はこちらから→「属」第一話 誕生日

 

「逢魔時堂」第一話はこちらから↓

yuzuriha-shiho.hatenablog.jp

12.白黒.6

 各グループ各々、綿密な計画や役割などもあらかた決まり、
夜食のパスタを食べているときにるり子姉さんが現れた。
 
「差し入れよ」
 
 そう言ってまだホカホカと温かく湯気を出すたい焼きをどかんとテーブルに載せた。
 
「パスタ、私の分も残ってる?」
 
「はぁーい! すぐ作りますよ!」
 
 るり子姉さんの問いかけにひなことふたばが台所に消え、
ひとしきり世間話に花が咲き、食後のコーヒーとたい焼きをガブリと一口食べた後で
 
「ハセガワに会ったわよ」
 
 と、さらりと言ってのけた。思わず顔を見合わせた私たちをジロリと見つめ、
 
「で、あんた方。何を企んでんの?」
 
 そう言って二口目のコーヒーを飲んだ。
 
「え!?」
 
「いやいや」
 
「なにも! なにも……です!」
 
 各々がその問いかけに首を振ったのだが、
最後に視線を合わせた私に
 
「みいこさん、水臭いわよ! ちょっと!」
 
 とバシリと言い、続いてボスに
 
「私はファミリーじゃないの? ボス」
 
 そう柔らかく問いかけている。
 
「いやいや、あんたに余計な迷惑を掛けられんと思うてな――」
 
 ボスのその言葉にその場にいた全員が頷いた。
 
「あんたの立場もあるじゃろうし……」
 
 ボスのその言葉が終わらぬうちに
 
「そこが、それが水臭いっていうのよ!」
 
「私を甘く見ないでちょうだい。
あんたたちの考えてることなんてお見通しよ。
その上で、その上でよ。いい? これ以上言わなくてもわかるでしょ?」
 
「――すまんこっちゃった。
あんたの男気を疑ったつもりは全く無いんじゃ」
 
 ボスがそう言って謝り、私たちも一斉に頭を下げた。
 
「わかってくれたらいいの。
で、どんな作戦になってんの?」
 
 そこでもう一度作戦の段取りを練り直す。
私たちの計画を一通り聞いたるり子姉さんはにやりと笑った。
 
「さっさとお吐き。まだあるでしょうが」
 
「いやいや、そんなぁ……」
 
「滅相もない」
 
 最所と京念はその言葉に焦っていたが、
るり子姉さんはすっかりお見通しの様子で
 
「ん。そこんとこは聞かないし任せたわよ! 楽しみにしてるわ」
 
「それとハセガワ。早めのほうがいいわよ。あたしからアプローチしてもいいけど向こうはとってもいい子たちだから、あんたたちに任せる。
それからもう一つのほうね――こういう輩はその内図に乗って今度は人を狙い出すのね。
今のうちのじゅーーーーーぶん反省させる必要ありよ」
 
 るり子姉さんはニヤリと笑い、
 
「わかった? じゅーーーーぶーーーん、だかんね」
 
 と言った。それを聞いた私たちもニヤリと笑って頷いた。
 
「了解! じゅーーーーぶん、反省してもらいます」
 
 
つづく
 
 

防災士厳選の防災グッズ36点セット【ディフェンドフューチャー】

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます!

 

お帰り前にお手数ですが下のリンクをポチッとしていただくと、 励みになります !


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

また見に来てね~♪

読者登録もお待ちしております!

 

前作「属」はこちらから→「属」第一話 誕生日

 

「逢魔時堂」第一話はこちらから↓

yuzuriha-shiho.hatenablog.jp

12.白黒.5

 もう一方のハセガワの行方。こちらは京念、ひなこ、そして私の担当。
 
 ひなこも情報を仕入れてきていた。実は近郊の小学校で飼育されていたウサギの耳に、
同じような矢が刺さっていたという事件がまた起こったということである。
 
 こちらの方はほんの少し耳が欠けただけで大事に至らなかったのだが、
矢の方は小屋に残っており、その形状が小雪に刺さていたそれと同じだった。
 
 第一発見者はたまたまその近くを通りかかり、動物好きなので思わず小屋に近付いたという青年だったそうだ。
ガムをクチャクチャと噛みながら
 
「なんか耳にケガしてるウサギいるし、近くに矢みたいなの落ちてるし、なんだろうって思っただけだから」
 
 と証言した青年は、小屋に入ろうとしたところを用務員のおじさんに見咎められ、「あとは何も知らないから」と言ったという。
 
 その時野次馬のごとく集まっていた児童の一人が
 
「あ、ヤブの馬井先生んちのお兄ちゃんだ」と去っていく後ろ姿を見て叫んだらしい。
 
 その声で振り返った青年は怖い顔をしてその児童を睨みつけ、自転車でその場を離れたということだった。
この話は叫んだ児童の母親がひなこの先輩にあたり、
たまたま町で出会い、お茶を飲んだときに聞き込んだらしい。
 
「たっちゃん元気?」
 
「ええ、なんか学校が楽しくて仕方ないらしいわ」
 
 といった日常会話から偶然に得られた情報だった。
 
 そしてもう一つ。
もともと馬井医院は牛や馬といった大きな動物――
いわゆる家畜の診療を専門としており、
小動物の扱いはどちらかというと不得手なのだそうだ。
 
 そのせいもあってヤブと陰口を叩かれているのは気の毒な話なのだが、一方で吹き矢の競技では常に上位入賞を果たしているのだという。獣医師と吹き矢は案外密着した関係にあったのだ。
 
 ここまでの情報を得た私とひなこ、京念は思わず腕組をした。
目に見えない根の深さが感じられる。
 
 そしてなにより、今も毎日ハセガワの帰りを待ち焦がれている黒猫家――とりあえず、やはり馬井医師のもとへ行こう。
さり気なく、そして慎重に。
 
 
つづく
 
 
 

蟹の匠本舗

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます!

 

 

お帰り前にお手数ですが下のリンクをポチッとしていただくと、 励みになります !


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

また見に来てね~♪

読者登録もお待ちしております!

 

前作「属」はこちらから→「属」第一話 誕生日

 

「逢魔時堂」第一話はこちらから↓

yuzuriha-shiho.hatenablog.jp

12.白黒.4

「ったく……嫌な時代だわ」
 
「ほんとにねぇ」
 
「あ、そういえば表通りのね……」
 
 二人の会話が値上げの激しい野菜の話に移ったのを機に、私はさり気なくその場から離れた。
 
 子猫に刺さっていた吹き矢は私のバッグに入れてある。
そして今聞いたヤブのウマイ先生の方にいるという水鳥に刺さっていたやはり「矢」のようなもの。
そしてチワワおばさんの姪のところにいるという黒猫。収穫は多い。
 
 もう一度子猫のベッドに近付くと目を開けて私をじっと見つめ、弱々しいながらも小さく鳴いた。
 
「早く退院できるといいね。待ってるからね。元気になろうね」
 
 そうゲージ越しに声を掛け、そっとその場を離れた。
とりあえずはヤブの馬井医院へ……だ。そこに行けばいくつかの謎は解けるはずだ。
黒猫はハセガワに違いないだろう。
しかし事情が事情だ。この問題は慎重に扱わなくてはならない。
 
 そしてもう一つのこの禍々しく、忌々しい矢の問題。この犯人は絶対に許すことはできない。私はバッグの中の矢を思い出し、またふつふつと怒りが沸き起こった。他のみんなも各々情報を集めているはずだ。
 
 猫嫌いのはずだった最所と京念がこの事件に関して陣頭指揮を取っている。
いつの間にかこの二人は猫嫌い、猫苦手を完全に返上し、まるで産まれたときから猫と共存してきたかのような状態になっており、彼らの膝にはいつも猫が座っている。
 
 猫たちに話しかける声音は完全にとろけきっていて、ボスいわく
 
「ありゃ完全に恋に落ちとるな」
 
 ということで、事務所内は二人の持ち込む猫グッズで溢れかえっており、
私とひなこ、ふたばは秘かに二人のデスクを第二倉庫へ移動しようかと相談し合ったくらいである。
 
 それはさておき、夕方私たちは各々が持ち寄った情報の分析を開始した。
 
 有力なものはいくつかあった。
まず小雪と命名された白猫に刺さっていたもの。
これは吹き矢に間違いなく、しかもいささか凝ったもので競技などに使うものではなく、手作り、もしくはコレクションとして手に入れたものではないかとボスが推察した。
 
 と、すれば逢摩堂でこの手の展示会を企画し、ネットで少々煽れば食いついてくるのではないだろうか。
物が物であるため、そうそうこのような企画が地方で行われることはないだろう。
 
 ダーツや吹き矢、チェス盤などの室内遊技等も取り混ぜて「中世の遊び展」などと称して網を張ってみる。
これはボス、最所、ふたばが中心に行動することになった。
 
 
つづく
 
 
 

写真が映える最高のデザインが2万バリエーション!
年賀家族2017

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます!

 

 

お帰り前にお手数ですが下のリンクをポチッとしていただくと、 励みになります !


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

また見に来てね~♪

読者登録もお待ちしております!

 

前作「属」はこちらから→「属」第一話 誕生日

 

「逢魔時堂」第一話はこちらから↓

yuzuriha-shiho.hatenablog.jp

12.白黒.3

「失礼ですけど……」
 
 私はその人に声を掛けた。
 
「その猫ちゃん、産まれたときからずっといるわけじゃないんですよね?」
 
 突然会話に割り込んだ私に二人のおばさんはいささか驚いたようだったが、
何度か待合室で見かける顔でもあり笑顔で
 
「そうなのよ。その子の弟がね、正月過ぎにどっかで拾ってきた猫なのよ。
――ったく、捨てるんなら最初から飼うな! よねぇ」
 
「本当ですよね。ところで何色の猫ちゃんなんですか?」
 
 私は笑顔を絶やさないようにしながら再び尋ねた。
 
「それがねあなた、真っ黒な猫。器量良しでね。
えいこちゃんが胸に……猫用のバンダナっていうのかしら? よだれかけみたいのを何枚も作ってやってね。
そりゃあ可愛いのよ。
ったく、こんなに大切にしてもらってるところ前の飼い主に見せてやりたいもんだわ!」
 
「まったく本当ですよね。前の飼い主にぜひ見せたいですよね」
 
 私は熱心に相槌を打ち、
 
「なんだか猫ちゃんの体調が悪いって仰ってましたよね? こちらの病院へ?」
 
「それなのよぉ。隣町の病院なのよね。
あそこはヤブだからやめときなさいって言ってるのに。
――あら、ここも薮下さんだったわ」
 
 おばさんはケタケタ笑い、
 
「ここは薮下先生だけどヤブじゃない。
隣町のは馬井先生だけどヤブなのよ。
ああ、ややこしいったらありゃしないわね」
 
 私も同じようにケタケタ笑う。なかなかシュールなジョークだ。
 
「じゃあ、姪御さんたちも隣町にお住まいなんですね?」
 
 さり気なく探りを入れてみた。
 
「ええ? ええ、まあ隣町というかこの町の外れていうかね。
ちょうど際みたいなところ。
だからってヤブ馬井のとこへ行かなくってもねぇ」
 
「そうですとも! ぜひうまい薮下へ行くように言ってあげてくださいな。
うちの猫ちゃんだってこちらの先生のお陰で命拾いしたんですから」
 
「そうそう、なんでもライフル銃で撃たれたんですって? 
ひどいことするじゃないの!」
 
 と、デブ猫おばさんが声を張り上げる。
 
「いえ、ライフル銃ではないですけど……ね。
でもなにか吹き矢みたいなもので」
 
 私は声を潜めた。
 
「何かご存知ありませんか? 
最近そんな被害というか、同じような目に合ってしまった子の話し」
 
「そういえばヤブの馬井先生のところで、やっぱり矢みたいなもので羽をやられた水鳥が来たってえいこちゃんが言ってた気がするわねぇ……」
 
 チワワおばさんがそう言って話に加わった。
 
 
つづく
 
 
 

高島屋の食料品宅配サービス「ローズキッチン」

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます!

 

 

お帰り前にお手数ですが下のリンクをポチッとしていただくと、 励みになります !


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

また見に来てね~♪

読者登録もお待ちしております!

 

前作「属」はこちらから→「属」第一話 誕生日

 

「逢魔時堂」第一話はこちらから↓

yuzuriha-shiho.hatenablog.jp

12.白黒.2

 へなへなと椅子に座り込んだのは、
私たちはもちろん、残った京念とボスも同様だった。
 
「それにしても……子どものイタズラにしては質が悪い」
 
 ボスが吐き出すように呟き、
 
「同感です。絶対に許さない」
 
 と、いつも笑顔を絶やさないふたばが氷のように冷たい声で言い放った。
 
「私、大嫌いです。こんなことをするやつが同じ人間だと思いたくもない」
 
「見つけたら……あの子と同じ目に合わせてやりたい」
 
 こういう場合、年長者として「まあまあ」と宥めるべきなのかもしれないが、
実は私もひなこも同意見であり、
もっと困ったことにボスや最所、京念も同じ考えで、考えてみればこの犯人はなかなか物騒な連中を敵に回したことになったのだった。
 
 毎日毎夕、病院へ入れ代わり立ち代わり顔を出す私たちは
すっかり待合室の人たちとも顔なじみとなり、それに伴って色々な情報を耳にした。
 
 そんな中で私が思わず耳をそばだてたのは、ふくふくと太った長毛種の猫を抱いたおばさんとその隣で臆病そうなチワワを入れたキャリーを抱いているおばさんの会話である。
 
「で、えいこちゃんの足はすっかり良くなったの?」
 
「ん、少し引きずってるけど松葉杖もそろそろ取れそうだって」
 
「良かったわねえ。じゃあもう皆さん大喜びでしょう?」
 
「そうそう。一時は二度と歩けないんじゃないかって心配してたから」
 
「本当に良かったわ。えいこちゃんの病気以来すっかり皆さん元気なくしてらしたし。えいこちゃんは手術したくないって言ってたんでしょう?」
 
「そうなのよ。年頃の娘だからやっぱり片足を無くすっていうのはねえ……」
 
「毎日泣いてばかりでねえ」
 
 と、チワワのおばさんは溜息をついた。
 
「でもね、弟のあっくんがどこかから猫を拾ってきて」
 
 チワワおばさんは太め猫おばさんに言いながら、でっぷり猫をそっと撫でた。
 
「なんだかそれ以来家族がうまくいってね。
で、えいこちゃんも頑張ってみるって」
 
「そうそう、この子たちはなんとも空気を柔らかにするものねえ」
 
「でもね、今度はその猫がちょっと元気を無くしてるみたいなのよぉ。
食べ物受け付けなくなってずっと外に出たがってるんだって。
――いえいえ、発情とは関係ないらしいのよ。
そのうえね、後ろ足をね、ちょっと引きずるようになったらしいの。
まるで身代わりにでもなったみたいで――もちろん病院にも行ってるんだけどねぇ……」
 
 と、そのえいこちゃんの伯母らしい人は溜息をついた。
 
 
つづく
 
 

ラクスルの新サービス「スマートチラシ」

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます!

 

 

お帰り前にお手数ですが下のリンクをポチッとしていただくと、 励みになります !


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

また見に来てね~♪

読者登録もお待ちしております!

 

前作「属」はこちらから→「属」第一話 誕生日

 

「逢魔時堂」第一話はこちらから↓

yuzuriha-shiho.hatenablog.jp